Web論

スポンサーリンク
Web論

ゆるゆるTwitter的集合知

Twitterの話題が、最近、テレビでよく取り上げられるようになった。ということは、かなり社会的な認知が進んだということだね。マスコミで取り上げられて、さらに興味を持って、参加する人が増えて、といういい循環。 僕自身は、このブログのタイトル...
Web論

小さなマス・メディアについて考えた

広告業界に身を置く者として、新聞やテレビ、雑誌など歴史あるメディアの近未来は、当然ながら、大きな関心事である。このブログにも、過去に何本かメディアに関する記事を書いてきた。しかし、時代の流れはかなり加速してきているようだ。 いわゆるマス・メ...
Web論

インターネットは「おもしろい」のか?

つい最近、30代の人と話していて、インターネットの魅力について「何が起きるかわからないから、おもしろい」みたいなことを言っていた。 これ、いちばんシンプルな驚きを核にしていて、僕にとって、それは失われた感覚であり、ちょっと懐かしく思えた。...
スポンサーリンク
Web論

日本語入力ソフトを変えてみようかな

FEP、フロントエンドプロセッサと呼ばれるソフトをご存知だろうか。日本語を入力するときに、たとえば、windowsであれば、OSをインストールすると、いっしょにMS-IMEという日本語入力のソフトがインストールされる。ローマ字入力で打ち込ん...
Web論

女性に好まれるために、どうすればいいのか

F1層と呼ばれる20~34歳の女性によく見られているサイトはどこか?そんな調査が実施された。こちらの記事だ。 通販やグルメ関連のサイトに人気があるのは、納得できるところ。まぁ、そうなんでしょう。で、気になったのは14位と15位。All Ab...
Web論

おもしろいインタビュー記事

Twitterがらみで紹介されていた、ITメディア掲載の梅田氏インタビュー記事が面白かった。 >>日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く とっても挑発的なインタビュアーで、それに対応する梅田氏も開き直ったり、素直な感情のゆれが表...
Web論

Twitterには、バーチャルなリアル感がある

Twitterっていうツールがあって、以前から利用していたものの、それほどアクティブではなく、ブログに投稿すると、そのタイトルが自動的にTwitterに投稿されて、「はい、おしまい」という程度だった。最近、若手のIT研究家とのつきあいの中で...
Web論

そのシステムは汗や涙を流すだろうか

1995年頃、Windows3.1でカメレオンでTCP-IPダイヤルアップ接続、Netscapeをブラウザにしてネットサーフィンの時代。長野の某経済団体で「インターネットの可能性」というタイトルで100人ほどの聴講者を前に講演しました。わか...
タイトルとURLをコピーしました