一億総表現者の時代

Web論
スポンサーリンク

日本のインターネット黎明期のわりと早い段階から、この世界に関わってきました。広告業界に棲息する一人として、メディアについて思いをめぐらす中で、やはり、インターネットがもたらしてきたインパクトは大きいといえます。

Windows95というアップルライクなOSが登場して(それまではインターネットに接続するにはカメレオンというTCPIP接続用のソフトが別途必要だった!)、一挙にネット接続の敷居が低くなりました。

それからホームページ用ソフトも徐々に充実してきて(それまではテキストエディタでHTMLを書いていた!)、だれでも手軽に自分のメディアを持てる時代が到来したわけです。

当時、これからは、一億総表現者の時代だとワクワクしながら思いました。

当初からホームページなんてものは、企業と個人とを問わず、更新しなくては意味がないという考えでした。

だから、僕はつねに日記用CGIプログラムを改造してクライアントに提供し、最新情報をアップしてくださいと進言してきました。

プチ自慢です(笑)。

その発展形が現在のPHPによるブログシステムであり、このような進化は必然であったと思っています。

さらに僕が一億総表現者というイメージで、何か新しいサイトを構築しようと模索していた頃、それを明確に打ち出したサイトが出てきました。

「ほぼ日刊イトイ新聞」です。

「1998年6月6日午前0時(バリ島時間)、 ほぼ日刊イトイ新聞はスタートしました。 」

やられた!って、本気で思いました。

かたや有名な糸井重里ですから、無名の僕ごときがライバル視するのはおこがましいのですが、このときはマジで悔しかったです。

無名の素人が書くコンテンツにこそ、おもしろい表現があって、それらをプロの眼で選んでHP上に掲載する。

単なる投稿サイトと違うものにするには、素人が継続してあるテーマを書き続けること。

素人が雑誌のコラムの一面を担当するような仕掛けが、HPだからこそ、ノーリスクで可能になったのです。

しかも当の糸井重里をはじめ、友人知人の著名人ネットワークを活用して無料で寄稿してもらうプロの記事もあり、マスへのアピール力もあるわけで、これはズルイ。

似たようなアイデアを暖めながら、当時の僕が踏み切れなかったのは、まず収益のしくみが見えず、継続するだけの資金的な体力もなかったから。

その後、ほぼ日もいろいろ紆余曲折があって、現在のようなビジネスモデルを構築したようですが…サイト自体の基本は書き手としてのアマチュアを大切にしてプロがそれをサポートするという姿勢は一貫しているように思います。

ただ、現在のかたちはかなりプロの方が大勢を占めていて、当初のわけのわからぬ熱気は少なくなってはいます。

ともあれ、最初から採算性や儲かることを意識していたら、初めの一歩は踏み出せないんですね。

おもしろいかどうか、おもしろがれるかどうか、そこに基軸を置くことが、メディアの現場には何よりも大切なんじゃないかな、と反省を込めてあらためて思うのであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました