広告批評その他あれこれ

タブラの響きは、僕らをどこへ連れて行くのか

2018/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

僕の友人であり、敬愛するアーティスト。

逆瀬川健治の音楽を紹介します。

彼は、インド生まれの打楽器タブラの奏者です。

タブラを叩かせたら、日本で右に出る人はいません。

インド古典音楽を中心に活動していますが、その枠に捉われない音楽性も魅力です。

実際の生演奏を聴くと、体の中に染み渡っていくような響きがあり、天上高く舞い上がっていく奇跡のような瞬間を味わえます。

一期一会。近くで演奏会があったら、ぜひ、体験してみてください。

かれこれ18年前に鬼無里村のお寺でインド音楽のコンサートを企画してそのとき演奏してもらいましたが、そろそろ長野でのコンサートも企画したいところ。

おもしろそうと思った方は、僕までご連絡ください。

最近のコンサート情報はこちらです。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2009 All Rights Reserved.