広告批評その他あれこれ

広告で人生が変わった経験 ありますか?

2018/07/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

広告ウーマンっていうブログに、とってもステキな記事が載っていました。

最近は色々な新卒の広告営業ウーマンとお話することが多くなってきました。
話の流れで

「どうして広告業界を志望したの?」

っていう話になって、そのコが答えたのは、

「広告でいろんな人の人生って変わると思ったから。」

それを聞いて、なんだかステキだなぁと思って、紹介しました。

 

まさしく同感です。

この記事に、僕は励まされると同時に、
ちょっと昔のことが記憶によみがえりました。
僕にも似たようなことを言われた経験があるのです。

僕の古くからの友人でインド音楽の分野では、
すでに第一人者になっている逆瀬川健治さん。
彼が長野にやってきたとき、
いっしょに温泉に行ったのですが、
けっして手を湯船につけようとしません。
理由は、手がふやけるとタブラの音色が変わるから。
その求道僧のようにストイックな、
表現者として一途に歩む姿勢は、若い頃から、
ずっと一貫していて、尊敬できる友人です。

そのとき僕は、彼の生き方をうらやましく思い、
コマーシャルビジネスにいるじぶんを卑下したような、
そのような感じのことを彼に言ってしまいました。
ちょっと仕事面で落ち込んでいた時期でもありました。
すると、彼から意外な言葉が返ってきました。

「コピーライターという仕事は、いろんな人に影響を与える責任の重い仕事だよ」

ふっと水を浴びせられたようでした。
仕事に馴れてしまい、そういう視点を忘れていました。

広告ウーマンさんの記事にもあるように、
「人生を変える」ことだってあるのが広告です。
広告の中のたった一行の文章が
だれかに小さな希望や勇気を
あたえることだってあるのです。

手前みそですが、かつて(1990年頃)戸隠の観光ポスターを手がけ、
戸隠神社の奥社に通じる杉並木の写真を背景にして
そのキャッチフレーズとして、
「人は…人に帰りたい」と添えました。
これは首都圏の駅構内にも貼られ、
話題になるとともに、20年ぐらいたった後でも、
「あのポスター、覚えているよ」と言われました。
スピリチュアルブームが起こるずっと前です。

広告は誰かの人生にちょっとだけ影響を与えるかもしれない。
広告づくりを仕事にするなら、このことを
「いつも忘れず、大切にしたい」と改めて思いました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2008 All Rights Reserved.