広告批評その他あれこれ

知識の化けの皮

 
この記事を書いている人 - WRITER -

知識をひけらかす人間は、バカの上塗りをしている厄介ものだ。

その道の専門家や学者になるくらいの知識量であれば、

それは生きる糧になってはいるのだろう。

その知識を詰め込むために、どれぐらいの時間を費やしたのか。

それによって、どれほどの生活を犠牲にしてきたのか。

人間よりも、本と接していたほうが心が落ち着く人たち。

だから、生涯独身を貫く学者も少なくはない。

そういう態度は覚悟が決まっていて、ある意味、潔い。

タチが良くないのは、知識に依存する中途半端な一般人。

読書を趣味としている、なんてほざく奴らは、

たいてい家庭生活が破綻していて、書斎を隠れ家としている。

もちろん、バランス良く、どちらもこなしている人間もいると思う。

そういう人間のほうが多いのかもしれない。

いや、多い少ないは、どっちでもいい。

子供の頃、遊び相手が少なく、本を友達にしていた奴。

友人との交流で学ぶべき多くのことを、スポイルした奴。

でも、学者になれるほど、のめり込むことはできなかった奴。

中途半端だから、学者のように自らの孤独を選べない。

ついつい友人や女性と仲良くなりたいと思ってしまい、

やがて姑息な手段を編み出してしまうのだ。

半端な知識をふりかざして、人間関係をつくろうとする。

それしか自己主張する手段を知らない。哀れだ。

自分の感じたこと、考えたことではなく、知識そのものを

自分という存在を証する唯一の手段と勘違いしてしまう。

そばにいた人たちは、みな呆れ、当たり前に去っていく。

すごく寂しい人生を歩んでいるのは、

自分自身の鼻持ちならない態度のせいだ。

気づけよ、そこに!

バカさ加減をさらして生きればいいのに、

半端な知識が邪魔して、それができないから悪循環。

知識で自分の鎧を固め、優越感にひたりながら、その反面、

人間関係不全の劣等感に落ち込み、その両極端で震えている。

その鎧を脱ぐと…

ノッペラボーでデクノボーなひとりの男。

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2019 All Rights Reserved.