広告批評その他あれこれ

ギブソンが好きさ

2018/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ギブソンというギターには、不思議な魅力がある。

僕はエレキではなく、下手なアコースティックギター弾きだけれど、マーチンのあの鈴なりの音色よりも、ギブソンの艶っぽい音色のほうが好きだ。

1991年製L-00ニックルーカスモデル。禁煙して小遣いを貯めて買ったJ-45ローズウッドを売り払って、このL-00の購入資金にした。

お釣りがくるほど、こちらが安い。

音そのものは、以前のJ-45のほうがだんぜんキレイだった。

ただ、J-45には、気に食わない点が3つあった。

ひとつは、ボディサイズが大きいこと。弾いていると肩が疲れてしまうのだ。

二つ目は、ネックがやや細いこと。たまに左指がネックからずり落ちてしまう。

三つ目は低音が響きすぎること。コードを弾くのは最高だけど、僕はソロギターがメイン。低音が前に出すぎて、高音のメロディラインが立ってこないのは残念だった。

ギブソンL-00は、弾きなれたクラシックギターと同じくらいの小振りのボディ。

ネックはVネックというやつで幅も44.5mmと太い。

低音がモコモコとして響かないが、中音から高音がよく伸びる。

ハコ鳴りもJ-45ほどしないから、やっぱりそれなりにチープな感じではある。

それでも、弾きやすく、小振りなボディを抱いていると、いつまでも弾き続けていたくなる。不思議な魅力がある。

昔からロック小僧の憧れは、ギブソンだった。

キレイな音ではなく、ややブーミーな音色でブルースがよく似合う。

姿形のよろしい美人よりも、飽きずに長くつきあえる性格美人のほうがいい。

そんなことを、青臭かった僕らに教えてくれた。

YouTubeで、とっても楽しそうな映像を発見した。

仲井戸麗市の名曲「ギブソン」をかつてのロック小僧たちが楽しそうに演奏している。イエイ!

関連エントリー>>仲井戸麗市という生き方

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2012 All Rights Reserved.