「快」よりも大切なもの

スポンサーリンク

 夏目漱石という作家を、僕は好きではなかった。

好きではないという感情の裏には、自分にどこか似ていて、つまらないという思いがあった。

若い頃は、刺激的な作家のほうが好きだったのだ。

中学生の頃、読書感想文で「こころ」を読む必要に迫られ、一冊だけ作品を読んだ。

漱石と聞くと、あの小首を傾げた文豪然とした有名な写真が頭に浮かぶ。 

NHKの「こだわり人物伝」という番組を見ていたら、この漱石について姜尚中(かんさんじゅん)という評論家が何か話している。

この評論家に対しても、漱石と同様に好きでも嫌いでもなかったのだが、話している彼の真剣な表情にひかれて、ついつい見入ってしまった。

番組の中で、とても強く印象に残った言葉がある。

「快が幸せで、苦痛が不幸」だと現代人は考えているが、果たしてほんとうにそうなのだろうか。

現代を読み解く鍵が、この言葉には隠されていると感じた。

いつの頃からか、日本人は、個性というものをもてはやし、自分が自分らしくあれば、それだけで素晴らしい魅力があるかのように錯覚してきた。

ほんとうの「自分らしさ」って、一体なんだ。

その根本的な問いを忘れたまま、自分が「快」と思うことをやることが「自分らしさ」になってはいないだろうか。

わがままや欲望の追求が、ほんとうに「自分らしさ」なのか。いや、もっと言えば「人間らしさ」なのか。

羽賀健二とかいう芸能人が逮捕されたが、彼は、お金そのものに「快」を感じている人間のように思えてならない。

世相を見ても、そんな人間がけっこう増えてきたように思う。

目の前の「快」だけを追求していて、苦痛を超えた先に見えてくる「志」を見ようとする大人が少なくなっているのだ。

志とは、成長しようとする意思だと思う。

いまの自分に飽き足らず、自分を大人の人間に磨いていこうというストイックな生き方。

現在の自分に及第点を与えてその場に立ち止まるのは簡単だ。

「自分らしさ」とは、結果であって目的ではない。

かつては人間としての品格を追求する生き方があった。模範となる大人も身近に数多くいたように思う。

いまビジネスの現場で、30代の鬱が増えている。

自殺者も30代が増えているそうだ。

企業のいちばんの働き盛りとしての担い手に、現場では、どのような精神的プレッシャーがかかっているのか。

日本の企業も、目の前の「快」に振り回されてはいないだろうか。

現代の日本は、毎朝、ニュースを見れば、誰もが、狂っていると思うだろう。

その狂気は、ひょっとしたら、今日、自分に降りかかってくるかもしれない。

もはや他人事ではない。

この狂気の原因をひとりひとりが自分を振り返りながら、少しずつ時間をかけて見直していく必要があると思うのだ。

日本が滅びへと向かうのを、一挙に阻止する特効薬はない。

コメント

  1. 「快」よりも大切なもの…

     夏目漱石という作家を、僕はそんなに好きではなかった。中学生の頃、読書感想文で「こころ」を読む必要に迫られ、一冊だけ作品を読んだ。漱石と聞くと、あの小首を傾げた (more…)

タイトルとURLをコピーしました