Gmailの断捨離 容量が足りなくなったら…

Gmailは、複数のPCからメールを活用したいときにとても便利だ。

僕はいくつかのメールアドレスを持っていて、

それらをBeckyというWindows用メールソフトで管理している。

基本はそれだけでOKだけれど、iPadやスマホでもメールを見たいときがある。

で、Gmailで必要なメールアカウントを自動読込みできるよう設定。

読込んだ後は、メールデータをサーバから削除させないことも忘れずに。

すると、複数のPCや携帯端末からGmailにアクセスするだけで

Gmailアドレス以外の自分宛メールの確認や返信ができるようになる。

この使い方は便利だけどメールがたまって…Gmailには無料容量15GBの制限がある。

時々、Gmailのデータを捨てなければならない。昨日、見たら残り容量が1GBを切っていた。

そこで、断捨離の決行である。

方法はふたつある。ひとつは、大きな添付ファイルのメールだけを削除する方法。

もうひとつは、四の五の言わずに、何年か前のメールをバッサリ削除する方法。

これまでは前者の方法でなんとか凌いできたのだが、さすがに10年も使っていると、

2009年なんて、ぜったいに読み返すことはないし、残すのはせいぜい5年と判断。

Gmail受信トレイの検索窓に「older_than:5y」と入力して5年以上前のデータを抽出。

なんと、その数、20,878件。ううむ、容量を圧迫しているはずだ。

2万件の過去メールたちにゴミ箱に直行してもらい、

さらにゴミ箱からもサヨナラしました。

すると、4GBもの減量に成功した。これで、当分は大丈夫かな。

デザイン関連のデータは重くなるので、時々、容量の大きなメールだけは

削除しなければならない。受信トレイ検索で「larger:5m」とやるわけです。

すると、5MB以上の大きさの添付ファイルメールだけ抽出され、

ゴミ箱からゴミ箱完全削除へと手続きを進めるだけ。

Gmailは、お金を払えば、100GB以上も使えるけれど、

そんなに過去を蓄積してもなぁ。時々断捨離は精神衛生上もよろしいのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする