広告批評その他あれこれ

結婚披露宴

2019/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月28日、ひさしぶりに結婚披露宴に参列した。

フルコースの料理ではあったが、途中から、お酒を飲みすぎてしまい、メインディッシュのお肉その他を食いそびれた。

もったいないことをした。

お酒を腰にくるほど飲んだが、それでも意識までは失うことなく最後まで気力で立っていた。

たいしたものだ、自分。

新婦は22歳、私の娘である。

いろいろな気持ちが錯綜するのである。

世の中の親子は、それぞれみんな別々のストーリーを生きている。

別々のストーリーを一生懸命に生きている。

ひとつとして、同じものはない。

その新婦の父というものの気持ちを、いまはまだ書く気にはなれない。

そういうものだ。

ずっと書かないかもしれない。

わからない。

ただ、儀式というものは、やはり、人間の知恵だなということは思った。

儀式によって、人間は、時間にラインを引いていくのだ。

諦めることを教えてくれるのだ。

生きているもの、死んでいくもの、別れていくもの。

あちらとこちらの境界線を教えてくれる。

それが儀式だ。

そう考えると、人間っていう奴は、どうにも、やっかいな存在なのだなぁ。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2008 All Rights Reserved.