広告批評その他あれこれ

清志郎、ずっと、夢を見て、幸せだったね

2014/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

忌野清志郎が亡くなった。
誰もが認めるスーパースターだけど、
遠い人なのに、遠くない感じがするのは、なぜ、だろう。
派手なステージとギャップのあるシャイでナイーブな性格。
そばにいれば、きっと、心があたたかくなるような人柄。
歌はもちろん、いいんだけど、そのたたずまいが好きだった。
遠いのにスターぶらず、近くにいるような気分が、なんだか、とても切ない。
いい奴に限って、いい奴ばかりが、早く逝ってしまう。
オリジナルソングもいいけど、
ぼくが好きなのはCOVERSというアルバム。
清志郎の訳詩がすごくすごくしびれる。
DayDreamBeliever(※THE TIMERS収録)は、モンキーズより、いいよ。

「ずっと夢を見て 安心してた」

「ずっと夢を見て 幸せだったな」

「ずっと夢を見て いまもみてる」

「ずっと夢見させてくれてありがとう」

清志郎、ほんとうに、夢を見せてくれて、ありがとう。

※追記:
.この歌が入っているアルバムは、
COVERSではなく、
THE TIMERSというアルバムでした。
むかしのヒット曲の訳ということで勘違いしていました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2009 All Rights Reserved.