広告批評その他あれこれ

「Amebaなう」はTwiiterに勝てるか

2014/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

サイバーエージェントは、人気ブログサービスAmebaブログ「アメブロ」に芸能人コンテンツが多数あることから、その強みを生かして、Twitterのようなミニブログサービスを始めるようだ。

ちょい前の記事>サイバーエージェント、ミニブログ「Amebaなう」開始へ

アメリカ生まれのTwitterは、オバマが大統領選のときに使ったり、セレブな芸能人がたくさん使っていて、その利用者がどんどん拡大してきた。リアルタイムなつぶやきは、まったく関係のない人よりも、興味のある人のほうがおもしろい。芸能人をフォローする人は、ゴシップ好きで下世話な覗き見趣味を満たす要素もあるのだろう。ちなみにバラクオバマのフォロワー数は、2,535,968 人。
で、日本のブログは、一日に何十回、何百回も更新する人がいたりして、すでに一部のブロガーにとっては「つぶやき」のツールとなっていた。Amebaブログから、そのタイトルだけをTwitterに流すことは技術的には簡単だと思う。この僕のブログも、WordPressのプラグインによって、それを実現しているしね。でも、サイバーエージェントは、そういう道を選ばずに、独自のTwitterサービスを始めることにした。コンテンツ的には、豊富な芸能人ブログを流せば、それだけで、かなりの人数が参加することになるだろう。それとまだサービスの全容はわからないけど、写真を簡単に掲載する機能や携帯全キャリアへのアプリ提供とか、日本製ならではの機能をたくさん装備してくれることを期待。Twitterの場合、わけのわからない英語圏の方にフォローされることがあるけど、こちらなら、そういう心配もない。この手のコミュニケーションサービスは、「はてなブックマーク」を例に挙げるまでもなく、ものまねであっても、結局、日本製のものが強いよね。
であるからして、独断と偏見に満ちた結論。Twitterは一部の先進的なユーザのものとなり、日本のマーケットにおいてはAmebaなうが圧倒的に勝つことになるだろう。「アメブロ」と同様に「アメナウ」と略称を使うのだろうか。しかし、近い将来、Twitterに勝ったそのとき「アメブロ」が残っているかどうか。ほんとうの敵は内部にあり。サイバーエージェント内にそのとき「雨なう」。収益モデルも早めに確立しなければなりません。検索結果のグーグル提供だけでいいのかしら、と他人ごとながら心配。まぁ、この先どうなるか。いろいろ動き出したTwitter関連の話題は、ここしばらくの間、目が離せません。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2009 All Rights Reserved.