広告批評その他あれこれ

今年は北京オリンピックと飯綱高原イヤー

2014/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あけまして、おめでとう、ございます。

年頭ですから、年頭らしく、
2008年は、どうなるのか、ちらりと考えてみると、
まず地球温暖化の影響が、かなり強く出てきそうですね。
異常気象という言葉が死語になるくらい、
異常気象が当たり前になってきていますから。
「異常も日々続くと正常になる」という
むかしの映画の名コピーを思い出します。
そう、じわりと日本列島は亜熱帯化しています。
それに対して、どう考えてどう行動すべきか。
政府レベルでの大胆な政策転換も必要でしょう。
そのためには、国民ももっと勉強しなくてはね、
という一年になるのではないでしょうか。

まぁ、マクロから視点をアジアに向けると、
隣国である中国の動きが特に気になりますね。
中国の排気ガスは、こちら信州にも影響しますもん。
北京オリンピックの開催年ですから、
日本が東京オリンピックを開催した頃の
イケイケムードで環境破壊問答無用にならないよう
あれから半世紀近く立ってるんだから、
そこんところ現代の知を持って対処してください。
と信州の山奥から叫ぶ僕です。

さらに、視線をもっと身近に向けると、
僕の地元である飯綱高原が
長野市の観光施策として重点的に取り上げられます。
エコールド松代、昨年の戸隠イヤーに続いて
今年は飯綱高原イヤーとなります。
善光寺のご開帳も来年に控えて、
長野市近辺と飯綱高原がちょっと盛り上がりそうです。

仕事柄、いろいろ関係していますが、
できれば、地球規模の動きとリンクした
そのようなコンセプトで地域を盛上げたい。
地域の課題は地球の課題にもつながるのではないか。
でも、人間って、アタマでは理解できても、
いざ、実行しようということになると、
なかなか、既成概念のしがらみがあって…
そこをスムースに進められるよう取組む次第。

まぁ、あれやこれや、すべてがトライアルです。
いつの年もそう思うけれど、
今年は特に地域を含めて、
いい年にしたいな、という思いが強いです。

今年、
このブログでもあれこれ書きますが、
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2008 All Rights Reserved.