百草丸と正露丸

腹痛幼い頃、お腹の調子が悪くなれば決まって正露丸を飲む羽目になった。丸く苦いその粒は白湯とともに一気に飲まなければならない。少しでも口の中にとどまれば、鼻にまでツンとくる強力な臭いがあった。我が家では、正露丸を切らしたことがなかったように思う。いわゆる常備薬だ。十三歳年上の兄貴は、大人になってからも暴飲暴食できる強い胃袋が自慢で、それでも食べ過ぎの翌朝はこっそりと正露丸を飲んでいた。僕は、暴飲暴食はそれほどなかったので、正露丸のお世話になるのは、数年に一回程度だった。

僕の女房は名古屋出身で、お腹の薬と言えば百草丸だという。そこで、我が家の胃腸薬は百草丸になった。子供たちも成人して、服用する回数も極端に減ったが、つい先頃、百草丸のビンが空になっているのに気づき、新たに購入した。ドラッグストアにでかけると、百草丸といってもいくつかのブランドがあることを知った。女房曰く、御岳百草丸が元祖本物であるらしい。迷わずに、濃紺の渋い色味のパッケージを手にした。御岳百草丸は、長野県製薬で製造販売されているようだ。

自宅に帰ってから、何の気無しに、「百草丸」をグーグルで検索してみた。すると、興味深い記事がいくつかヒットした。

僕がしばしばアクセスするアルファブロガーの「極東ブログ」で、興味深い記事がヒットした。リローラというアメリカ発のダイエット薬と御岳百草丸の成分が似ているという指摘だ。さらに、このリローラにストレス軽減の作用があるというお話。では、リローラとは何者? うつ病ドリルというWEBサイトがヒットした。この中で以下の記事から少し引用させていただこう。

欲しい人のみ:リローラ -うつ病ドリル

ストレス軽減ハーブ。働きは上記の「ホスファチジルセリン」と同じく「コルチゾール低下」だが、こちらの方はそれほど直接作用しない代わりに幅広い効果があり、気分が明るくなるのを助けてくれる。
もともとは過食予防用で、過剰な食欲を抑えるためのもの。

なお、これはイライラした気分やうんざりしている気分を平常時にまで戻す助けをするだけで、通常以上に元気になれるわけではない。

さらに大学との共同研究によって、百草丸は、ピロリ菌にも効果があるらしい。ただし、これは現在あくまでも試験管上の話、人体に対する臨床実験はこれからとのこと。以下の記事に詳しい。

医療・医学ニュース>植物性胃腸薬の百草丸にピロリ菌の除菌効果

いずれにしろ和漢生薬という分野は、まだまだ科学的な解明がなされていない。未知の効用が隠されているようでたいへんに興味深い。

ついでに、正露丸もググってみた。すると、けっこうな確率で好ましくない記事がヒットした。僕のこのブログでは、マイナスイメージを増長させるような記事は書かないようにしている。幼い頃、正露丸にはお世話になった恩もあるし…。それでも、このような記事を読むと、ううむ、となってしまう。あとは、読んだ人の判断に委ねよう。

正露丸の有効性と安全性研究

インターネットを流れるWEBサイトの情報は、玉石混交である。そうした情報洪水の中から、じぶんにとって有用な情報をいかにして取り出すか。私たち生活者が暮らしていく上で、実にさまざまな有意義な情報が簡単に手に入るようになった反面、デマも飛び交いやすい状況にはなっている。ネット市民の情報スキルを磨くためには、ネット以前の判断力、哲学的な思索スキルが求められているのではないだろうか。

御岳の百草丸とラッパのマークの正露丸から、WEB上の情報を通して、いろいろと考えさせられることが多かった。

 

 

「正露丸(セイロガン)の有効性と安全性」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です