今年はキノコが少ない

自宅のまわりには、例年、ジコボウというキノコが生えてくる。カラマツタケとも呼ばれており、その名の通り、カラマツの林にわんさかと生えてくるのだ。ところが、今年は、9月になってからの雨量が極端に少ないせいか、9月の初旬に一度、採取したものの、二度目の採取がならず、まったく生える気配さえなく、ぜんぜん駄目でありました。

今年は極端に雨が少ないのですね。通常9月というのは、梅雨と呼ばれている6月や7月よりも、雨量が多いもの。それが、どうしたことか。このような年は、冬の雪が多いのか少ないのか。まぁ、あたりまえになりつつある異常気象ですから、もう、何が起きても驚かない覚悟ではありますが、それでも、なんとなく嫌な気分ではあります。カラマツの針葉は、まだミドリ色。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。