広告批評その他あれこれ

なんでもない一日

2014/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

それはとっても貴重なことのように思える。ひさしぶりに十時間も睡眠をとってしまい、ぐだぐだと寝床から這い上がって、昼間になっていて、カレーライスができていて、それを女房といっしょに食べて、それから、ひとりで仕事場にでかけ、残っていた仕事のいくつかを片付けて、机のまわりを整理して、すこしだけギターを弾いて、また仕事にとりかかって、あ、と忘れていたことを思い出し、それを整理して、息をゆっくり吐いて、お日様が落ちて室内がかげっていくのを感じて、そんな風に過ぎていく一日であった。

この景色は、むかしどこかで見たことがある。少年時代、母親が縁側にいて、同じように夕日を感じたことがあった。

こころの病気になったわけではありません(笑)。たまには、のんびりするのも、いいものだと思います。のんびりするために、温泉にでかけたり、海や山へでかける必要はなく、ぼんやりとのんびりするのも、ときには必要なことのように思います。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2009 All Rights Reserved.