広告批評その他あれこれ

あきないDNA 【rough story 14】

2014/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

一度、耳にして、すご~く感動した音楽でも、
それを、毎日、聴いていたいとは思わない。
圧倒的な感動なんて、毎日は、いらないよ。
感動っていうのは、けっこう疲れるでしょ。
ちょっと、いいね。これくらいの感触だと、
日々の生活で、BGMで流れていても心地よい。
世の中でヒットする歌っていうのも、
どこかで聴いたことがある、懐かしさを感じる、
そういった耳慣れたフレーズを持っていたりするよね。
オリジナリティが豊かすぎると、マニア向けっていうことに。
これ、人を好きになる、恋愛や友情に似ているかも。
いっしょにいて、あたらしい体験をしても、
どこか懐かしさを感じられる関係が、
けっこう長続きするんだよね。

あ、ひとつ忘れてた。

自分の子供たちは、そのままで、
どこかに自分のなかの何かが流れていて、
そこに、どうしようもない懐かしさが宿っている。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© IDEA コピーライターの雑記帳 , 2011 All Rights Reserved.