プロフィール

スポンサーリンク

菊池代表の近影写真Koujun Kikuchi

  • 1957 昭和32年 東京都新宿区生まれ
     
  • 1960 昭和35~47年 武蔵野の面影を残す杉並区で3歳から15歳まで

    ひまわり幼稚園、四宮小学校…
    幼稚園のとき、ヴァイオリンの音色に惹かれる。ヴァイオリン教室に通う。だが、身近に調弦できる人がいないため、練習で気持ちの良い音色が出ない。1回だけの発表会を終えて、約1年間で挫折。
    小学校3年生頃、子どもに夢を与える素敵な職業だな、と漫画家を志す。手塚治虫、石森章太郎に憧れ、ベレー帽をかぶり、カラスグチで線を引き、手作りの漫画雑誌を友人と発行。
    小学校高学年時、野球に夢中になり練習の日々。憧れの長島をめざして、三塁手、三番バッターのポジションを手に入れる。同時に、サッカー部のレギュラーにもなり、釜本に憧れ、フォワードで得点王になる。
    小学校卒業間際、ガガーリンに影響され、宇宙飛行士をめざす。アマチュア無線電話級の筆記式試験に独学で合格。小学生の合格者は当時珍しかった。秋葉原に通って、ラジオを部品から集めて、何台も製作。
    読書は、図書館の幻想SF小説にはまり、週1冊以上のペースで読破し、先生に不信の目をもって見られた。
    将棋はいちばん、運動神経もよく、絵も誉められ、周囲の小学生が子供っぽく見え、自分を天才だとうぬぼれた。若気のいたり汗顔の思い。

    中瀬中学校…
    同じ小学校からの子が少ない中学校だったため、人生をゼロからやりなおそうと決意。バスケットボール部に入り頭角を現すが、1年でオスグット病になり休部。この頃より、うぬぼれ野郎は挫折感を味わう。帰宅部になり時間をもてあまし、読書三昧。新潮文庫の龍之介、鴎外、太宰、安吾、ヘッセはすべて読破。ランボー、デュカス、朔太郎、中也、パスカル、デカルト、海外の推理小説など、文庫本または図書館から借りて、手当たり次第に読み漁る。初めて買った全集が「ランボー全集」、その生き様に感動。深夜放送とジャズに没頭し、学生服姿で新宿のジャズ喫茶に通った。
    長谷川きよしの別れのサンバに感動。姉が放置したクラシックギターをもらって、ギター練習の日々。コードの伴奏からソロギターの面白さにめざめ、ほぼ毎日のようにギターを独学で練習。中学三年生の頃に、目標としていたアルハンブラ宮殿の思い出を暗譜。下手ながらも、演奏できるようになる。
    中学三年の秋、親の都合で埼玉県川越市に引っ越す。転校はしないで、遠距離通学で中瀬中学校を卒業する。井荻駅から、帰宅の途中、池袋の路上テレビに人が集まって見ていたのが、連合赤軍の事件だった。
     

  • 1972 昭和47~55年 埼玉県川越市にて高校から大学まで

    朝霞高校…
    暗い感じの読書癖は継続して、いつも睡眠不足、貧血気味。SF小説のカートヴォネガット、PKディック、筒井康隆などに夢中。背伸びして、ニーチェ、ドストエフスキー、フロイト、フロムなど思想的な本も乱読。ショーペンハウアーの「意思と表象としての世界」に呆然とした。
    映画にも興味を持ち、池袋の文芸座に学校をさぼって出没。2本立てで150円也。これは喫茶店代と同額。喉の渇きを我慢して、映像の飢えを満たした。ヌーベルバーグなどマニアックな作品をよく観た。
    高校のクラブ活動はクラシックギター部に所属。姉から譲り受けたぼろぼろの安ギターでモチベーションが上がらず、部活には、あまり熱心ではなかった。それでも、見様見真似でギター合奏のために編曲したりした。恐ろしいことだ。音楽鑑賞は、当時流行のロックには見向きもせず、もっぱらジャズばかり。指がよく動くからという理由だけで、学園祭ロックバンドになんちゃってリードギタリストとして参加。同じ頃、もの好きな同級生が映画つくりに燃えていて、学園祭用の映画製作にも関わった。今でも、このときの友人たちとは交流がある。
    大学へは進学するつもりがなく、在学中、いっさい受験勉強をしなかった。しかし、今の時代、行かなくちゃいかん、と父から説得された。新聞配達をしながら1年間の自宅浪人。
    この頃、早朝3時の早起き、そのおかげでUFOをしっかり目撃してしまった。不思議な人たちとの縁が出来たり、霊的な現象にも多数出くわした。

    國學院大学…
    ジャズ研に入ろうとテナーサックスを入手するも、いまいち肌に合わず、友人に譲り渡す。たまたま大学構内で観た学生演劇がテント公演でその本格的なオリジナル演劇に驚く。演劇研究会という地味なサークル名だが、寺山修司の天井桟敷や唐十郎の状況劇場とも交流があり、小劇場ブームの一翼を担う劇団の母体でもあった。当時は、まだ小劇場運動に勢いがあり、先駆者の天井桟敷、黒テント、紅テント、自由劇場、早稲田小劇場などのアングラ色の強い演劇に加え、東京ボードビルショーや東京乾電池など、お笑いの要素を入れた演劇が台頭していた。夢の遊民者は先輩の同世代、旗揚げ公演には舞台装置を貸し出していた。
    演劇研究会の部活では、二年生で戯曲を書き、演出および劇中音楽の作詞作曲を手がけた。音楽のアレンジはジャズ研の鷺巣詩郎がやってくれた。後に「笑っていいとも」の音楽クレジットにでてくる男だ。三年生になって、訳あって、あっさり退部。入れ替わりに一年生で入部してきたのが、後に放送作家として大成した成田はじめ。鷺巣とも成田とも、在学中にもっと親しくしておけば良かった(笑)。
    退部してから、暇になったので、小説を書いてみる。某SF雑誌の新人賞に応募、応募400編中の最終選考6編に残るが落選。その後もその編集長に、何回か作品を持参。どれもこれも採用ならず、失意と挫折の日々。
    大学卒業が近づき、コピーライターになろうと決意し、編集長に相談。「就職するなら、小説家を諦めなさい」と言われる。同世代の夢枕獏は小説家になるため定職につかず、アルバイト三昧の日々を過ごしていた。
    それから、広告業界のことも一切知らず、様々な広告会社に応募するも門前払い不採用の連続。コピーライター養成講座を出ていないと相手にしてくれないことを知る。大学卒業後、半年間、マーケティング会社でアルバイトをしながら、宣伝会議のコピーライター養成講座に通う。いわばフリーター、就職浪人。
    読書は、埴谷雄高、吉本隆明、夢野久作、ユング、ウィトゲンシュタイン、ノヴァーリスなど雑多。

  • 1980 昭和55年~58年 広告代理店・東京アドバタイジングで広告修行
    途中採用の枠で入社試験を受けて数社に合格。コピーライターの登竜門を出たことの威力を実感。六本木にオフィスを構える中堅どころの広告代理店・東京アドバタイジング入社。
    同社コピーライター顧問は、TCC審査委員長を務めたことがある新見志郎氏。
    同社グラフィックデザイン顧問は、東京オリンピックのポスターを手掛けた亀倉雄策氏であった。
    デサント、オガサカ、日本専売公社等の広告コピーを手がける。
    世田谷区経堂にてひとり暮らし、毎晩、下北沢に出没。読書からやや遠ざかる。
     
  • 1983 昭和58年~平成2年 広告・編集・ディレクションとスキルの幅を広げる
    東京アドバタイジング退社 中型バイク免許取得 信州を旅する
    パソコン通信と出会い、ネットワークの可能性に思いをはせる。
    都内の広告制作会社をエンピツ1本で数社渡り歩き…
    ソニー、NEC、小学館、ブルドックソース等の雑誌・ポスター・新聞広告、
    ニコンやセブンイレブンのPR誌編集、営団地下鉄のマナーポスター等を制作。
    大手代理店経由を中心にナショナルクライアントの仕事を数多く手掛ける。
    私生活では結婚を機に酒びたりの生活を改める ふたりの子供に恵まれる。
    読書からさらに遠ざかる。デザインIT化への知見をますます高める。

  • 1990 平成2年3月 バブル絶頂の東京を脱出 長野県鬼無里村にアイターン移住
    長野市の広告制作会社エイブル入社。
    片道40キロの自動車通勤で、読書の時間なし。
     
  • 1991 平成3年  長野県内のクライアントを相手に実績を重ねる
    ニッサングループの新聞広告で信毎広告大賞ほか同時受賞
    以降、戸隠村ポスター、KOA会社案内、トライアンCIなど
    多数の広告物の制作にコピーライター、ディレクターとして関与
    デザインワークへのマッキントッシュ導入を推進
     
  • 1996 平成8年 先駆けてインターネットの市場を開拓する 
    インターネット事業に着手、IBMのEコマース研究会に参加。
    長野オリンピック関連のホームページおよび広告ディレクション。
    長野県の第一期ホームページ制作および企業・行政におけるインターネット情報発信のコンサルタントに数多く関与。
     
  • 1998 平成10年 長野市 標高1000メートルの飯綱高原に転居
     
  • 2000 平成12年 地方テレビ局のキャラクター開発プロデュース
     
  • 2004 平成16年 3家族と共同で稲作開始~2009年までの5年間
     
  • 2005 平成17年6月 フリーランスとして独立 イデア・プロモーション起業
     
  • 2007 平成19年4月 NPO法人 飯綱高原よっこらしょ設立 副代表理事就
      
  • 2008 平成20年12月 法人化 株式会社イデア・プロモーション設立

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする