気まぐれコラム

その昔、NIftyServeで「コラム道場」が開催されていました。コラムニストの実川元子さんが先生で、だれでも自由に参加できるフォーラム。毎回、「お題」が提示されて、それに対して短い文章、コラムを書くというもの。ここに紹介するコラムのなかで1995と1996のものは、その課題への提出物です。先生が提出コラムの中から一等賞を決めるのですが、もちろん僕の作品の中には一等賞をとったものもあります(笑)。あとは、自由に書いたものと、ミニコミ誌に書いたものです。
WEB時代になって、だれでも自由に文章を書いて発表できるようになりました。その分、書き流しの文章が氾濫するようになったように感じます。でも、書き流しの文章は、読み流しの文章でもあります。WEB上で、活字を意識した文章を発表することは矛盾ではありますが、まぁ、そう硬いことは言わずに、ここでは、自分なりに何度も推敲して、「作品」として意識して書いたものだけを紹介するようにします。

  1. 沈黙の森 1999.9.1
  2. 初めての飯綱山 1998
  3. 若手消防団員 1995
  4. 新聞記者が許せない日 1995
  5. 政治と文学 1995
  6. サラリーマンの悲しい陰謀 1996
  7. 崩れる 1996
  8. ゼロからの出発 1995
  9. 伝えたいもの、伝えたいこと 1996
  10. 雪国の政治家 1996
  11. 父からの贈りもの 1995

コメントは受け付けていません。