カテゴリー : Web論

ブログというタイムマシン

久しぶりの更新。いやぁ、投稿数が年間を通して、こんなに少なかったのは、ブログ開設以来初めてのこと。2007年4月、今までのHTML形式によるホームページから、このWordPressというシステムでブログ形式による記事の投稿をスタートさせた。それ以前、最初はNiftyServeのHP領域で個人ページを開設。たしか1998年前後だったと思う。それ以前、1995年にホームページ制作事業を立ち上げ、手探りでHTMLを勉強しながら、いくつかの実験的なホームページを立ち上げた。それ以前、1987年頃、パソコン通信、草の根ネットの時代で、NiftyのフォーラムではけっこうアクティブなBBSユーザのひとりだった。端末は東芝のワープロRupoで電話代がひと月1万円を超えたこともある。

そういうわけでネットとのつきあいは長い、というか、今となっては生き証人(笑)みたいなものだ。で、最近は、Facebook、僕がユーザ登録したのは2009年。海外在住の知人と連絡をとるために始めたが、当時ネット上の日本人は少なかった。FBは、mixiよりはストレスが少ないが、Twitterのほうが僕としてはおもしろかった。

ブログという形式は、こんな時代にやや古くさい印象もある。それでも、僕はこのブログに愛着がある。投稿記事数620件。そのすべてに僕の思いや時間が刻まれている。久しぶりにアクセスログをのぞいてみたら、興味深い検索文字が1位にランクインしていた。「安積力也」という人名だ。あれ、誰だろう? 自分でも忘れていた。試しにググってみると、検索結果1ページ目10件目に僕のブログを発見した。「心の底から、願っていることは?」というエントリーだ。2010年9月15日に投稿されたその記事を読み返してみた。過去の自分から叱咤されているように感じた。

人間は、成長しようと思い続けなければ、成長することができない。成長を諦めた瞬間、負のスパイラルが始まる。企業にも同じ事が言えるのではないか。成長には、変化が伴う。その変化をためらっていないか。臆病になっていないか。守りに入っていないか。なんてことを、つらつらと思ってみたりするのであった。

ときには、ブログというタイムマシンにのって、過去の自分と対話するのもいい。SNSは横軸で時間が流れるが、ブログは縦軸で流れていく仕組み。人は、ヨコにつながるだけではなく、タテにもつながる存在なのだと思う。

ぼんやりと広告のことを考えた

広告代理店とか広告制作会社という言葉そのものに、世の中は、いま、違和感を感じ始めている。いわゆる「広告」という言葉からイメージされる手法は、新聞やチラシ、ポスター、看板、パンフレット、DM、テレビ、ラジオ、イベントを含めて、広告=従来メディアに縛られてしまう傾向がある。

「広告」は、広く告げることだから、何らかのメディアが必要だ。企業が伝えたいこと、その根っこの部分を広告クリエイターたちは咀嚼しながら、より多くの人の心をつかめるように、表現のレベルを高め、どのようなメディアに載せていくかを提案する。それが、今までは当たり前のことのように考えられてきた。「この商品は、なかなか、いいんだよね」ということを、どのように表現し、どのようなメディアに掲載するか。それが広告だ。

でも、ある時期から、広告という舞台で繰り広げられる表現に対して、観客は冷めた目で見るようになってきた。同時に、広告表現から、人に伝える体温みたいなものがなくなってきた。情けのある「情」報が遠ざけられて、より直截な機能性や価格訴求がふえてきた。ふりかえれば、それはバブル崩壊がきっかけだったと思う。消費者の夢がどんどんふくらんでいって、それは悪いことばかりではないのに、ひとたび、弾けたバブルが悪者扱いされると、すべての消費活動にマイナスの烙印が押されてしまった。ちょっと大げさな言い方だけど…。

広告表現を信じなくなった冷めた消費者が何を頼りにモノを買ったかというと、となりの席に座っている同僚の言葉だ。いや、となりに見えたが、実は、ネットワークでつながった隣人だ。たとえば、ひとりの男が「この商品は、なかなか、いいんだよね」と、つぶやいたら、それはひとりごとで広告ではない…のだが、結果として、消費行動を起こすきっかけを与えたら…アイドマの法則を持ち出すまでもなく、ここには広告効果が存在する。課題は、どこまで、その効果をコントロールできるか。そもそも、広告主の介在を感じさせないことが、情報への信頼につながるという矛盾。禅問答のような世界がそこには広がっている。

さて、このような領域は、まだまだ、未開拓。でも、ヒントは、バブル以前にあるような気がしている。ここは、熟練のクリエイターたちが、そろそろ、目覚めてもいいんじゃないかなぁ。

なんか、今回は、一ヶ月ぶりの記事で、まとまりがないけど、まぁ、そんなことをつらつらと考えていたということで…走りながら、まだまだ、がんばらなくてはね。

中国のクチコミは、どこまで成熟しているのか?

最近は、中国人の訪日観光マーケットの話題がとても多くなってきました。消費を控え始めた日本人より、財布の紐が緩い中国人を狙え、というわけです。そんな中で、インターネットマーケットの拡大も急成長してきており、検閲制度のある中国ですから、どこまで情報の透明性が確保できるか未知数の部分もありますが、いずれにしろ、インターネットが発展してきた道筋をそのまま中国も急ピッチで追いかけてきています。そんな中で、このようなサービスが開始されました。

>中国人観光客の訪日体験記事とタイアップした口コミサービスの提供開始

中国のクチコミサイトがいま、スゴイことになってるという話は聞いていますが、その反面、中国政府の検閲もすごい体制でやってるらしいです。YouTubeが中国では閲覧できないのはご存じの方も多いでしょうが、それ以外にも多くのサイトが中国本土からは閲覧できません。また、国際世論と袂をわかつ、ちょっと神経質な話題になると、とたんに検閲が入り、見えなくなるそうです。たとえば、チ、チ、チベッ○とか、ね。

ま、いずれにしろ、クチコミサイトの情報そのものも、発信する前に、検閲が入らないように検閲しなければならないのでしょうね。それで、ほんとに正直なクチコミなの?という疑問もありますが…。日本でもそうですが、クチコミの信頼性が問われるようになるでしょう。

原則として、中国人を対象とするビジネスには、それなりの覚悟が必要です。お金を落とすから中国人歓迎という短絡的な発想ではなく、サービスの基本から考えて、ビジネスを再構築しなければならないでしょう。いずれバブルが弾けますから、そのとき右往左往しないで済むように、しっかり見極めて行かなくてはなりません。とはいえ、変化のスピードがあまりにも速くて、慎重になりすぎると、チャンスを逃したりして…難しいところですね。

恥ずかしながら、アクセスログ公開

1997年の4月。今までのホームページをリニューアルして、Word Pressを使ってこのブログ形式サイトを開設しました。それから、いろいろ実験を繰り返しながら、記事の投稿を継続してきています。

ブログというスタイルは、個人の個性は主張しやすいのですが、企業サイトにするなら、最新情報の更新機能など、バックヤードとしての活用にとどめるべきでしょう。それを「イデア・プロモーション」という社名のサイトにしているのは、もともと個人事業主として独立したからです。そろそろ、企業サイトとブログサイトの棲み分けをする時期に来たように感じています。

そこで、今までを振り返る意味で、アクセスログの公開をいたします。アクセスログは、基本的には、ひと様に公開するようなものではありません。それでも地方都市の広告プランナーのブログにどれだけのアクセスがあるのか? ちょっと知りたいと思いませんか? アメブロやSNSなどのように、システムとしてアクセス数増加をバックアップするような対策は施されていません。検索エンジン経由のユーザが多く、つまり記事そのものがヒットされているというのが特徴です。

アクセスログの解析というと、Google Analysisがポピュラーですが、レンタルサーバによっては、あらかじめいくつかのアクセスログ解析ソフトが組み込まれています。Google Analysisの結果とイコールではないのですが、僕はAwstatというアクセスログの表示スタイルが気に入ってます。それでは、公開しましょう! 下のスクリーンキャプチャをご覧ください。

続きを読む

Huluは、日本にどう根づくだろうか

ADSLや光ファイバーなどインターネット・インフラの高速回線化にともなって、ネット上の動画配信がどんどん身近になってきました。YouTubeが登場する前までは、個別のサイトで動画配信の試みはいくつもありましたが、いくらストリーミングをかけても、内容的におもしろい映像がなく、画質の粗さやデータの重さも敬遠される要因でした。
続きを読む