外国人が増えている

 ここ数年、長野駅から善光寺に向かう中央通りに、むちゃくちゃ外国人旅行客が増えてきた。長野オリンピックが開催された年も、けっこう外国人を見かけたが、いまはコンスタントに外国人旅行客を見かけるようになった…

潮が変わった

本当の本音は書けない。そんな当たり前に気づいてから、書くことから遠ざかっていた。ところが大きな時代の節目を感じる今日この頃、気づかない間に、地下の水脈がかなり急激に変化しているように思う。何かを記録して…

1914年 今から100年前

うちの親父は大正5年生まれだから、もし生きていたとしたら、いま98歳。と、まずは、自分に引き寄せて考えてみる。今から100年前の1914年、大正3年、第一次世界大戦勃発の年だが、日本は、大正デモクラシーの真っ只中にあって…

Continue reading

日本人であるということ

内村鑑三と新渡戸稲造を取り上げた番組を見た。札幌農学校の同窓生だった二人が、少年よ大志を抱けのクラーク博士のもと、キリスト教と出会い、時期を前後してアメリカへ留学した。そしてアメリカを知ることで日本を見…