格安スマホを検討してみた

久々にお役立ちITの情報を書こうと思う。
ドコモの携帯電話をずっと使ってきた。20年間以上もユーザーだった。スマートフォンにしたのが5年位前。で、一気に使用料が上がったのが気にはなっていた。自分の使い方からすれば、ガラケーでも良かったんじゃないか、ちょっと後悔した。ただ、ときどきスマホの必要性があるのだ。出先で仕事のメールを確認したり、返事を返したり、PCをつないでテザリングでプレゼンしたり、さらにカーナビが壊れたのをきっかけにGoogleMapを使うようになった。こうなってくると、スマホの恩恵は大きくなり、ドコモの思うツボにはまってしまった。

2年前から、妻もスマホに変えた。SIM入りiPadミニも同時に買った。すると1か月のドコモ支払いが約20,000円という事態になった。端末の月賦料金も入っているから純粋な通信費ではないにしても、それでも年間24万円もの経費とその恩恵を天秤にかけるとやはり納得できない。最近話題の格安スマホの宣伝が気になってくる。テレビCMで盛んに流されているから、若い人たちはドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアから移行している人も多いと聞く。でも、通話品質が良くないとか、ナビ機能が使い物にならないとか、いろいろ良くない噂もあり、しかも20年来のドコモユーザーとしては、途中解約の手数料も高く、簡単には踏み切れなかったのだ。

それでも、念のため、格安スマホ=格安SIMの情報をネットでいろいろ調べてみた。けっこういろいろな会社がやっているのだね。あまりにも選択肢が多く、目が回ってしまった。比較サイトではデータ通信の速度を重視しているところが多く、通話に関しての情報は軽視されているようだ。若者たちはゲームとか、動画を頻繁に利用するからだろう。中高年の自分の場合、データ通信より通話が大切だから、ドコモのアンテナを使っていることが第一条件だった。地方都市はドコモが安心。ドコモ系列でしかも通話の料金プランを比較してみたところ、格安スマホの会社としてはOCNモバイルONEのサービスが最も充実していた。データ通信の速度では他社より劣っているけれど…まず10分間無料プランはほかの会社でも取り入れているところが多い。だが、これにプラスして上位3つの電話番号が無料になるプランが用意されているのだ。これはオンリーワンの通話プランだ。僕の場合、仕事でもプライベートでもほとんど10分以内。だが、長電話にならざるを得ないこともある。そういう相手は、毎月、公私ふくめて3人以内だろう。その通話代が何時間かけても無料になるということ。これは素晴らしいサービスだと思う。迷うことなく、OCNモバイルONEに申し込んだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。