みんな夢の中

久しぶりにYouTubeで、いい感じの歌手を見つけた。60年代70年代の日本のフォークや歌謡曲をカバーしているんだけど、どうして、こんなに若い子がこんな古い歌を知っているんだろう。その選曲センスが僕の好みに重なっていて、いやぁ、痺れますね。ちょっとマイナーな曲が多いんだけど、郷愁をそそってくれます。彼女のストレートで飾らない声も、とっても素敵だ。フォークギターをつま弾きながら、技巧に走らず、うまく歌おうとせず、でも真っすぐに歌と向き合って、自分の歌にして歌っている。チャンネル登録してしまいました。大阪を中心に活動しているようなので、なかなかライブにはいけないけれど、もし、こちら方面に来てライブが企画されたら、ぜひ、出かけてみたいなと思わせてくれる歌手だ。それにしても、なぜ、こんなに昔のいい歌を知っているんだろうか。親の影響かな、それとも、この時代の音楽にコアなファンたちがいるんだろうか。はるか遠くの記憶の片隅に沈んでいた音楽が、僕の心を気持ちよくしてくれた。夢の中から立ち現れる旋律。いい時間を、YO-ENさん、ありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。