本の斷捨離

引越しをするたび、本にうんざりするようになった。ほとんどが学生時代に読んだもの。引越し先に本棚を持っていくかどうか、少し迷ったが、すべて処分することに。当たり前だが、それに伴って、本の行き場所もなくなった。ダンボール箱に収納されたままの本たち。文庫本や新書本は、茶色の変色が激しく、価格を見ると、現在の半額以下のものばかり。帯のタイトルを眺めると、どれも思い出があって、その年代の空気が蘇るけれど、でも砂時計は逆には流れない。そのときはもう戻ってこない。読み直したいなと思えるかどうか。それを基準にして、本のほとんどを処分することにした。ブックオフに持って行こうかと思うけど、文庫なんて、値がつかないだろうな。全集本とか、値段がつきそうなものもあるけれど、きっと、これから先、もう読まないと思う。眺めるだけなら、本の景色よりも自然の風景のほうがいい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です