FAKEという映画を観た

懇意にしている業界人から、この映画を観るよう強く勧められた。
森達也監督が佐村河内守さんのその後を追ったドキュメンタリー作品、FAKEだ。
マスコミの在り方について、考えさせられるよ、と言われたが…
一部、テレビ局のプロデューサたちが出演交渉で
大真面目にバラエティ番組の誠実さを訴えているシーンは笑えたが、
マスコミ批判の映画としては中途半端な出来のように感じた。
マスコミの卑劣さは多少浮き彫りになったものの、
ゴシップをあつかうマスコミなんて所詮こんなものでしょう、という程度。
社会派のドキュメンタリーを期待したら、がっかりするだろう。

それよりも興味深かったのは、森監督の映画の作り方だ。
ほかの森作品を観ていないので比べられないが、
森監督自身が重要なキャストを演じているのが、
この作品のいちばんスゴイところだと思う。
助演としての森監督が主演の佐村河内氏を巧妙に誘導している。
森監督はそのセリフによって、ドラマを強引に動かしていくのだ。

主演の彼は、テレビで報道されたときにも感じたが、
聴覚障害というよりも、むしろ人格障害があるように感じた。
精神科医ではないから勝手な判断だが、自己愛性もしくは演技性の人格障害。
演技しながら、それに没頭して、その物語に入り込み、自らを騙してしまえる。
この映画に登場するときは、事件前の自信満々の作曲家の演技ではなく、
違う角度から、自らを被害者と信じて、演じ続けているのが生々しい迫力だ。
さらに輪をかけて…森監督がこれはもう素晴らしい役者なのだ。
監督はセリフの力によって、夫婦愛や音楽家再生の物語をつくろうと仕掛ける。
FAKEとは、ねつ造する、でっちあげる、という意味。
主演者のFAKEに入り込み、監督がさらにFAKEを仕掛ける。
それに対して、主演の彼と妻は、これも想定通り上手に答えてくれる。

人は、普通の生活のなかで、普通に人を信じたいと思っている。
自分を騙そうと近づく人間なんて一握りだし、めったにいないはず。
たまたまそういう奴に遭遇したら、運が悪いか、もしくは自分の甘さを責めるか。
とりあえず、人はFAKEを他人事と思って暮らしているのではなかろうか。

だが、この映画はFAKEが生まれてくる瞬間を捉えようとしている。
森監督は確信犯だ。守さんは、ある意味、おぼこい。
監督は、人間の善を信じたい志向性に対して、
「それでいいの?ほんとうに?」と向き合わせてくれる。
我々の自省を促す映画ということで、ま、おすすめかな。
あんまり感動はしないけど、ね。
ちょっと人間不信になるけど、ね(笑)。

関連エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です