ひと仕事、終えた感

息子が結婚して、新しく所帯を持つことになった。
これで、いわゆる紙っぺらの本籍から子供たちが皆外れた。
私と、妻と、ふたりだけの籍が残されたことになる。
まぁ、30年前と同じ状態になっただけなのだが、
なんだか、不思議な感じがするのである。
子供が誕生して、名前をあれこれ考えて、
役所に出生届を出して、それからずっと、
ひっついてきた名前がただ外れるだけの話。
親子の縁は切ってはいないから、
まだ親子ではあり続けるのではあろう。
それでも、紙っぺらの中に子供たちはいない。
30年前と同じ。だが30年前と違う。
ずいぶんと遠くまで、歩いてきたのだ。
ちょっと、ふりかえってみると、
それは、かなり危うい道であったように見える。
前を向いていたときには、まっすぐ見えていたのに、
ふりかえると、ぐにゃぐにゃのように見える。
くらくらと立ちくらみ、めまいすらも覚えてしまう。
おや、まだふりかえるには早すぎるか…。
そう心得た、夕暮れ。見上げれば、寒々しく満月。
紅葉に早々と雪が降り積もる、信州の秋。

関連エントリー

1件のコメント

  1. ・・・そうですね。元に戻りましたね。
    兎にも角にも、この長い間ご苦労さまでした!そしてよく、頑張りました!
    こんな一言ではとても済まない、色んなことが本当にありましたね・・。

    その薄っぺらい紙から息子が抜けたこの11月は・・ふと、気づきました。
    私たちが31年前の11月23日に、紅葉残る青梅大橋で事故った事を思い出します。
    あれから、真っしぐらに此処まで、365日の30掛けを駆けてきましたね。
    親の責任は、これでもう立派に果たしたと思います。本当に。

    これからは、我らの野望(笑)を、大いに実らしましょうぞ。
    身も気も軽くなったのですから、好きなようにやりましょうぞ。
    … 変なコメント、ごめんなさい(^∇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です