仲井戸麗市という生き方

いま、チャボこと仲井戸麗市にはまってる。

キヨシローこと忌野清志郎は、メディアへの露出もあって、老若男女に知られているポピュラーなアーティストと言える。

けれど、その隣でいつもギターを弾いていたチャボのことは、どれくらいの人たちに知られているだろう。

僕は、RCサクセションのいちファンとして、チャボの名前も顔も、もちろん知っていたけど、彼のソロ活動を聴いたことは、今まで、なかった。

知り合いに借りたチャボのソロDVDは、「今日、歌いたい唄。」というタイトル。

2006年に公演された渋谷のライブハウスでの様子をそのまま収録したもの。

ギターと歌、そして詩の朗読で構成されていて、サポートにキーボード奏者がつくけど、ほぼ、チャボひとりの独演会だ。

ポエトリーリーディングから歌になったり、ギターだけのインストルメンタルがあったり、MCは挟まずに、ぶっとおしの108分間。

音楽のライブというよりも、演劇を観ているような気分。

好き嫌いは、分かれるところだろう。

小劇場のような照明の演出と空気感。僕は、好きだ。

チャボの歌は、下手ではないけれど、けっして上手とは言えない。

詩の朗読のその先に、歌があふれてきた感じといえばわかるだろうか。

それでも、チャボの人柄が伝わってくる、やさしい歌声だ。

その声に強烈なオリジナリティがあるわけでもない。

パフォーマンスにキヨシローのような派手さもない。

それでも、唯一無二のギタリストだし、何よりも作詞作曲の能力が素晴らしい。

DVDを見終わってから、YouTubeで検索しまくった。

チャボは、何度聴いても、意外なほど、飽きない。

いい奴といっしょにいて、なんだか気分がいい、そんな感じ。

どれも好きだけど、ソロなら「ガルシアの風」。

それとキヨシローとチャボのふたり「君が僕を知ってる」。

ほんと、ふたりとも少年のように楽しそうで、音楽がとっても好きなんだ。

ふたりとも、おたがいに、わかっていてくれた、んだろうな。

ふたりとも、ギブソンが好きな点も、共通している。

そこだけ、僕も仲間入り。関連エントリー>>ギブソンが好きさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わかピー より:

    何だ。早く言ってください。ぼく、チャボのかなりファンです。
    ソロもいいけど、スライダーズの蘭丸と組んだユニット「麗蘭」もいいですよぉ。
    RCとスライダーズが共に活動休止してた頃に組んだものです。
    ブルースです。かっこよかです。

  2. KIKU より:

    @わかピー
    おお!僕は、最近ファンになったばかりです。
    何か、おすすめあれば、教えてください。あとで、こっそりと(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。