本を読んで、勝間和代さんの見方が変わりました

勝間和代をここ一年間くらいで、テレビでよく見かけるようになった。でも、そんなに魅力的ではないのに、なぜ、こんなにいろいろな番組に顔を出せるんだろうか、と僕は首をかしげていた。マイクを握って、半開きの眼で言葉をまくしたてる彼女に対して、いい印象を持つ人は一般的にも少ないんじゃなかろうか。経済のことをよく知っていて、私って、頭がいいのよ。マッキンゼーで鍛えられて、私って、特別な女性なのよ、という鼻持ちならない自信とエリート臭がぷんぷんしている。テレビで彼女のカメレオンのような顔が出てくると、僕はチャンネルをさっさと切替えたりした。
勝間和代の名前を初めて知ったのは、「自分をグーグル化する」という言葉だった。本は読んでいなかったが、そのタイトルを聞いて、僕はこう思った。
「こちとら人間なんだから、グーグルなんかにゃあ、なりたかねえよ。べらんめぇ」と、なぜか訛ってしまうのだが、「グーグル化」というその一言と、サイボーグのような勝間女史の顔がだぶってきて、どうにも好きになれない存在ではあった。
つまり、興味のない、どうでもいい存在。そんなアンチ勝間和代であったが、テレビのコメンテーターとしておなじみの精神科医、香山リカとの対談やその周辺の記事を通して、またTwitterでの劇的なデビューによって、心の端っこから少し中央のほうに関心が移ってきた。

そこで、勝間和代を、少し知りたいと思った。テレビで見た印象だけで嫌うのではなく、実際の著作を読んでみようではないか、と。

読み終えた感想は…勝間和代って、とっても性格が素直な頑張り屋さんだなぁ。生意気で冷たそうだと外見で人を判断していた自分を反省。本書では、知的生産性を上げるという、ビジネスの大きな課題に取り組み、それに対して彼女なりに成功した方法論を提示している。その内容自体は、独創的なメソッドがあるわけではなく、いろいろな正しい方法論の組合わせであるように感じた。

たとえば、フレームワーク力について書かれている文章では、もっと深く知りたいと思うと、詳しくはこれこれの本を読みなさい、と。けっこう、あれこれと本が紹介され、自己完結しないのも、この本の大きな特徴。さすがに毎月100冊、15万円を使っている著者ならではの書き方である。

デジタルツールの使いこなしを推奨したり、読書の重要性やネットの活用にも触れているけれど、根底にある思想は、リアルな実体験を大切にしようという、突っ込みようのない、オーソドックスなもの。6時間の睡眠とか、白いものをひかえる食事とか、細かな生活の仕方についても触れており、それらは確かに正しい、集中力を養う正しい方法なのであろう。いろいろな要素がてんこ盛りになっており、どれも、いいことばかりなのだが、それを熱心にやっている著者は、やはり、周りが引いてしまうほど、スゴイ。真面目な努力家だと言わざるを得ない。

特に「第5章 知的生産を根底から支える生活習慣の技術」は、著者らしさがいちばん滲み出ている章ではなかろうか。寝る前にストレッチ体操をするのがいい。「たとえばストレッチ体操ですが、私は習慣化するために、以下の2つの方法を併用しています。」 ひとつはストレッチ体操のDVDを枕元で見ながら、寝る前に12分間のプログラムを実行する。もうひとつは、「快眠プログラムマット」で15分間のストレッチをしてくれるようにセットする。寝る前の30分が充実している。こういう小技を始め、テクニックをたっぷりと披露している。著者は、この本で描かれているような素晴らしい生活リズムで生きて、そして知的生産性を高めているのだ。もう、脱帽するしかない。不覚にも、笑ってしまった。深夜ストレッチしている、その健気なかわいさに。

本書は初版が2007年12月13日となっている。ちょうど2年間が過ぎたのだ。勝間和代人気はいまだに健在で、著作累計発行部数は270万部を超えるそうだ。働く女性たちのカリスマとして、女性に支持されているようだ。香山リカがその著作で(勝間和代)を目指さないという章を設けたら、香山本の中でいちばんのセールスを記録したという。これは香山としては不本意であろうが、勝間にそれだけの影響力があるということだ。

勝間和代さん、僕は、本書を読んで、あなたへのイメージが変わりました。大きな風呂敷の中に、メニューをいっぱい広げたような内容には、眼から鱗が落ちるような発見や気づきが、僕の場合、ありませんでした。あなたもそれを理解していて、この中のどれかが役に立ってくれればいい、と述べておられますね。おそらく本書は、処女作に近いものとして、著者の著作への原衝動がたっぷり詰まっているのではないでしょうか。

僕は、その内容よりも、勝間さんのひたむきな生き方に、実は、感動しました。先輩達からいろいろ教わりながら、成長していく勝間さんの物語。ビジネス本というより、青春小説。これは、シニカルな意味ではなく、ほんとうに、そう読むことができると思います。だからこそ、単なるスキルの信奉者ではなく、自転車でビジネス街を疾走するカツマーなる人たちを生み出したのでしょう。働く女性たちが、勝間和代をめざすのは、とっても素敵なことのように思えます。男性だって、スケールは違いますが、坂本龍馬や織田信長に憧れたりするではありませんか。女性には今までめざすべきアイコンが少なさすぎました。勝間さんをテレビで見かけたら、これからは、決してすぐにチャンネルを変えたりはしません。あなたは、21世紀初頭を疾走する、健気な女性の生き方のアイコンでもあるわけですから。

※追記2018 5月28日付のBuzzFeedNEWS 同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト を読みました。この方は、すごい人だ。感動しました。新たに記事をアップしましたので、こちらの記事と併せて、お読みくださん。>>勝間和代さんのカミングアウトに拍手

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。