Madoya 「おやつ処まどや」のこと

実は、この4月から、うちの娘が店長となり、小さなお店をオープンしていました。マカロンとかロールケーキなどのおやつを窓から販売する「まどや」。娘は、まだ2歳未満の子供を抱えており、子育てをしながら、まったりと商売できればいいという感じで始めたのです。ところが口コミやテレビでも取り上げられて、けっこう多忙な日々。当初、週3日の営業でしたが、けっきょく仕込みのために週7日お店に通う始末。そこで9月から軌道修正して、週1日、金曜日のみの店頭販売にした模様です。まどやのホームページをご覧ください。

商売の基本とは、何か。娘のお店を見ていて、あらためて考えさせられました。おいしいという感想を直接お客様から聞けることの喜び。お菓子を通して、みんなが笑顔になっていく。その笑顔をもらって、こちらもまた、がんばれる。幸せの循環。モノだけを売るのではなく、感動や喜びを与えること。これ、すべての商売の基本ではないでしょうか。娘の場合、特に、成功しようという野心はなく、お菓子作りが心底好きなのです。お客様の期待にこたえるうちに、商売が拡大することは、ひょっとしたら、あり得るかも知れませんが、いまのところ、そういう方向性ではありません。

いずれにしろ、親父としては、娘のがんばりをちょっと外から見守っているわけではあります。こちらも逆に、パワーをたくさんもらっているわけですが、まぁ、どうなることやら…ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする